俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

お弁当に♪かわいさ重視の飾り切りテク

   


幅ひろ~く使えるウインナー

出典ameblo.jp

簡単にできて色鮮やかなウインナーのお花♪

半分にウインナーをカットし、4箇所に切り込みを入れ沸騰したお湯で1分ほど茹でるだけ

目は黒ごまで作っているそうです!

ウインナーをたて半分に切って切れ目を入れてフライパンで焼くだけ

まさかのカリフラワーとのコラボ。確かにかわいいです♪

ウインナーは1/3のところで切って、カリフラワーを適当な大きなにきって、さっと塩茹で。頭と体をパスタでとめ、パスタで鼻、黒ごまで目をつけて完成

お正月でもお馴染みのかまぼこ

目はストローで穴をあけているそうです。なるほど!

色のついた部分を端から包丁で2/3まで切り込みを入れ、縦半分に切り、くるくるっと巻きこむ

見た目以上に意外と簡単です!紅白になって見た目も綺麗♪

紅かまぼこに8mm間隔で紅色の部分の少し下まで切り込みをまっすぐ入れて、紅色、白色が交互になるように、1本置きに紅色の部分を切り取る

かまぼこを薄くきって爪楊枝でとめるだけ~♪

3ミリの厚さのものを5枚、ずらして並べ、手前から巻きます。巻き終わりを、つま楊枝で止めて完成

ちょっと高度なりんごの飾り切り

切ったら薄い塩水に浸けて変色を防ぐこともポイント!

包丁の刃元から切っ先を上手く使って、外側から弧を描くようにカットしていきます。順番に内側へ向けて3~4回に分けてカットします。 最後にカットした木の葉をずらして出来上がり

出典ameblo.jp

りんご?かと疑いたくなるような市松模様。ちょっと大変ですがビックリされること間違いなし。

一口サイズに切り、縦・横に切り込みを入れ、包丁(果物ナイフが使いやすいです)の先を使って皮を剥ぐ

定番のにんじんから、ラディッシュまで

飾り切りの定番中の定番!ちょっと難しいですがチャレンジしてみるのもいいかも。

人参はあまり薄いと上手に切込みが入れられません。切込みが深すぎると煮崩れて分解してしまうので注意

ゆで卵、そのままだとなんか寂しいですよね・・

お弁当のアクセントにいいかも!

トップに十字の切り込みを入れ、四方の側面を薄く小さく丸く切り取る。白い穴を取り込むようにして、上から皮を剥くように包丁を入れて、花のように広げたら完成

みんなの飾り切り報告

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE