俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

脱帽!? インド/ニューデリー市民の「洗濯機の使いかた」が、節水根性ハンパなかった

   


はじめに(序説)

デリーだけに限らずインド北西部一帯の水事情は、「雨量のワリに人が増えすぎ、井戸水は ほぼ枯渇」。しかも、水道は河の延長で「タダで使えて当然」!?という長年の国民意識から、(相当の料金も徴収できず)運営に足る財源も見込めない……絶望的な三重苦に陥っています。

ところがインドの経済成長を受け、そんなデリーですら(金持ちが住むニューデリー地区などで)洗濯機を購入する人がいる

いったい全体、どんな使いかたをする??というのでしょう。
 
ニューデリーに暮らす(デリー市民のなかでは比較的 裕福な)中流家庭の女性が投降したYouTube動画をもとに、その手順を図面に書きだしてみました。

洗濯機の使いかた 〔ニューデリー編〕

昭和人なら ご記憶でしょう。洗濯槽と脱水槽、ふたつの投入口を持つ「半自動」洗濯機です。
 
一槽式やドラム式などの(先進国でポピュラーな)全自動タイプは、水がふんだんに使えないため実質利用できません。
 
 
余談ながら、実は日本でも まだ売れ続けています。
> https://ecoeco-taizen.com/utility-costs/water-bill/8411.html

(※二槽式の場合、洗濯槽のフタはずっと開けっ放しです)

明らかに(水量に対し)衣料が多めなので、槽内の壁面に「バッシャバシャ、叩きつけながら洗ってる感じ」。

それを15分も放っとく^^;というのですから、やわな衣類は傷んでしまいそうw インド女性の洗濯感覚は なかなかに豪快^^;です。

今も河岸で(衣料を叩きつけて)洗濯してる主婦が多い、インドならではの遺伝子でしょうね。

1着ずつ引き揚げ、洗濯槽の水が減らないよう気をつけます。

すすぎ汚れを振り切ります。

2度すすぎ脱水。これで1回分の洗濯が終了です。

1回で排水しないのがニューデリー流です。

何度も使えば水が節約できるので、なるべく洗濯はまとめて3回分、4回分と^^;続けて洗います。

洗濯槽の水がどんなに真っ黒に濁っても、衣服自体は「すすげばキレイ」と信じてるのがインド人です。

★★★ 以上、図解した手順の「ネタ元」動画が↓↓こちらです♪ ★★★


 
 
↓以下、このようなインドの水事情を探ってみました。

背景1: インドの水危機

3枚の統計マップが物語る、「インド水危機」の深刻さ。
 
仕事がある場所には水がない。水がある場所には仕事がない…!!!

デリーを中心に赤色の地域が、本来必要な水の「8割以上が!?」手に入らない、渇きに飢える地域です。
 
必要量の4割以上が得られぬ渇水地帯に、全インド国民の実に!! 54%が暮らしている……というショッキングな現状が。

デリーなど西北部を中心に薄い水色の一帯が、年間雨量に恵まれない地域です。

デリーを中心にオレンジ色の一帯が、(伝統的な取水源であった)井戸水の枯れている地域です。

背景2: インドの「洗濯機」

高さは腰骨の下、10㎝くらい(→ 低さの理由は次ページに詳説)です。
 
これまで投入口がひとつの「1槽式」タイプが多く売られていましたが、こちらのは日本の全自動タイプと違い、洗濯槽しかない洗濯機です。

インドで普及し始めた脱水槽付き洗濯機の例。

ちなみに、ブランド名が「SANSUI」とありますが、これは(かつて日本に在った)オーディオメーカー、サンスイの商標を買った中国企業のもの。
 
それでもインドの店頭では「日本製」という口コミで堂々と^^;売られています。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE