俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

発想に賞賛! Twitterで見かけた『心潤すオリジナリティ』

   


▼ALS患者が眼だけで描いた作品が凄い…

眼しか動かせないALS患者の榊さんがOriHime eyeを使い、視線入力で描かれた最新作がこちら。
おそらく、眼だけでここまで絵をかける人はおらず、人類未踏の領域。人の可能性を更新しているのは痺れる。 pic.twitter.com/y6HEG7cmC8

OriHime eyeは、難病患者と周囲の人との意思伝達に使われている”透明文字盤”をデジタル化し、手足が動かせない状態まで症状が進行した人でも簡単に文字入力、発話ができる意思伝達装置だ。すでに日本全国のALS(筋萎縮性側索硬化症)をはじめとする難病患者の人々に導入され、高い評価を受けているという。

・視線入力装置を使った意思伝達装置です。
・画面の端まで視線が動かせない人も操作可能。
・透明文字盤使い方が全く同じ。

また、同社が提供する分身ロボット「OriHime」と合わせて使うこともできる。OriHimeは「存在感の伝達」をコンセプトに作られた遠隔操作ロボットで、カメラ、マイク、スピーカー、モーターを内蔵する。操作者はインターネットを通してOriHimeを動かし自由にあたりを見回したり、手を挙げるなどのジェスチャーをして、周囲の人と話すことができる。

@origamicat ただただ、感服です。
いい絵です。
入り込んでしまうほど

@origamicat 健常者でも上手く風景画描けないのに 、それを目線だけで描くなんてどれほど根気と努力と時間がかかった事か⁉︎。

▼盲目の犬の生活が激変したアイデア

目が見えない犬のために、彼の人生を変える道具を発明してみた。 pic.twitter.com/dNOzYSFRbI

@netgeek_0915 20年くらい前にテレビで見たのは昆虫の触角みたいな2本の突起のやつだったけど、これの方が犬にとっては障害物が分かりやすくて安全そうだね。

▼画期的な募金のアイデア

@ASPHA_ 冬に言ったけど、これには気が付かなかった・・・いい建物いっぱいあるんだよなぁ

▼ただのワイヤーから圧巻のフィギュアに

園芸用のワイヤーでfateのランスロット作ってます pic.twitter.com/yFVAvwIEHr

こんな感じでも動きます
ランスロットの紐っぽいのは躍動感が出ますね pic.twitter.com/tlm7nhB5t9

亜人みたいとの声を多数頂いたので大雑把ですが、作ってみました pic.twitter.com/7V9EI1nJnO

@Tttbook まさかこの世に同志がいるとは!!僕も小学生ぐらいの頃にワイヤーでアクションフィギュア作りやってました!
可動性抜群なので市販のおもちゃで遊ぶより楽しかった記憶があります(´ー∀ー`)

▼ただの祝儀袋が、いつまでも飾っておきたいものに

@R5Vr1 @hiyuo7o7 こういう器用なことできる人、本当に尊敬します!!もらったら嬉しいでしょうね。

@hiyuo7o7 すごいです!貰った方も喜んだと思います。

▼段ボールがあっという間に変身

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE