俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

松田聖子さんがケガでイスに座ったまま歌唱‥ネットから心配の声広がる

   


●女優や歌手など、幅広く活躍する松田聖子さん

「青い珊瑚礁」でブレイクし、続く「風は秋色」から「旅立ちはフリージア」まで24曲連続1位の金字塔を打ち立て、数多の音楽賞を受賞。

海外でも早くから活動しており、全米ビルボードのダンスチャートの上位にランク・インした。

●6月には、さいたまスーパーアリーナで全国ツアーをスタート

歌手の松田聖子(55)が10日、さいたまスーパーアリーナで全国ツアー(5都市8公演)をスタートさせた。

ライブの冒頭、松田は満員のファンを見渡し、「みんな元気~? 今年もコンサートの季節がやってきました!」と絶叫。

約2時間で20曲以上を歌ってファンを喜ばせたが、沙也加について発言することはなかった。

●その松田さんがコンサートで椅子に座って歌唱していることが判明

松田聖子(55)が9日、東京・日本武道館で、「Seiko Matsuda Concert Tour 2017 Daisy」の東京公演2日目を開催。

演出を一部変更し、イスに座って歌唱していたことが、9日までに分かった。

「体をひねることもできない」という状態ながら、ヒット曲「赤いスイトピー」や「あなたに逢いたくて~Missing You~」などを熱唱

途中からはイスに座ったまま台車に乗せられ、後ろから押されてステージの両端まで駆け回った。

・関係者によると、数日前に転倒し背中と腰を強打したという

関係者によると、数日前に転倒した際に、背中と腰を強打したという。けがの程度は不明。

開始直前にケガをしたとみられ、「演出内容を一部変更した公演となります」という本人による場内アナウンスで観客に説明があったという。

・松田さんはMCで「一時は立ち上がることができなかったです」と説明したという

十分なパフォーマンスができなかったためか、歌唱の合間に聖子自身が「ごめんなさい」と謝罪する場面もあったという。

聖子はMCで「数日前に転びました。背中と腰を大変強く打ちまして、一時は立ち上がることができなかったです」とケガについて説明。

「コンサートができるか心配でしたが、武道館の皆さんにお会いしたくて、公演を行わせていただいています。本当に皆さん申し訳ございません」。

・涙をこぼし「温かい応援が本当に嬉しかったです」と伝えたという

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE