俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

えっ?飲むの? 動物の「糞」からできる高級コーヒーって何??

   


■世界一高価?? 「ジャコウ・ネコ」の糞からできるコーヒー 『コピ・ルアク』

ジャコウネコが、美味しい豆だけを選り好んで食べる事や、腸内の酵素や細菌による発酵のおかげで、そのコーヒーに特別な美味しさが加わるんだそう。

ちなみに1匹のジャコウネコから1日に取れる豆の量はたったの3グラム!!
コーヒーカップ1杯分にもなりません・・・

コピルアクの国内での相場は、100gで5,000円から20,000円ぐらいです。
高級ホテルなどのラウンジでは一杯8,000円で出されているそうです。

でもどうしてこんなコーヒーが世に出回っているのか不思議ですよね??!

それはインドネシアがまだオランダの統治領だった頃です。
オランダ人にコーヒー豆の収穫を禁じられた地元の農民達が、それでもなんとかコーヒーを飲みたいという衝動に駆られ、苦肉の策で見つけたのが、ジャコウネコのウンチに交じっていたコーヒー豆を焙煎して飲むということだったそうです。

まず口に含むと、一瞬、酸味のようなものを感じます。でもすぐに、それが実際は甘味であることに気付きます。上品でまろやかな甘味です。

その甘味が、飲み込んだ後もしばらく口の中に残ります。そのこってりした後味は、まるで高級なバターのようです。

お花のような、爽やかな風味のあと、少しだけ酸味が感じられ、後味がすっきりします。

■「象」の糞からできる世界最高級コーヒー ブラック・アイボリー

コーヒーに含まれるタンパク質が、象の消化酵素によって分解されることにより、コーヒーの苦味が除去されると言われています。

バナナやサトウキビとともに、時間をかけてゆっくりと半消化される際に、独特のフレーバーを持つとのこと。33kgのコーヒーの実を食べさせ、1kgほどしか採取することができない

気になるそのお味ですが、ハッキリいって賛否両論になることでしょう。「コクがあるのにスッキリしてて絶品!」「うわっ! 農家の香りがする」「なんとも言えない不思議な味」「激しくウマイ!!」などなど、飲む人によってさまざまな意見が出てくるのです。

飲んでみると味はしっかり。
コーヒーの苦味は本当にマイルド。
香りからも感じる甘やかな風味が、飲んでもはっきり感じられます。

■きじの仲間「ジャクー」の糞から出てきたコーヒー ジャクーコーヒー

野生の本能として、完熟した状態の良いチェリーから選んでいくここと。
体内を通してチェリーの果肉部分だけを絶妙な加減で精製(消化)すること。

この2点が、この種のコーヒーをクリアーで最高の品質に引き立てます。

現在でも、アメリカ、北欧などではとても人気が高く、100g数万円で販売されることも少なくありません。モスクワでは高級レストランなどで1杯約7000円の値段が付くそうです。

ブラジルでは野生動物を殺生するのは違法とされているそうで、頭を悩めていた農園主
ところが、ある日このジャクーがチェリーを食べて排出したパーチメントを発見。これはインドネシアのコピルアックと同じではないか!ということを思いつき、農園スタッフに拾い集めさせました。そして乾燥させて作り上げた自然の営みが生み出したレアなコーヒーです

とてもフルーティーでまろやかでクリーンな味わいの豆になります。

発酵したような強い酸味はなく、 赤ワインのような深みのある味、香りは今までに嗅いだことのないような独特なもので、 意外に・・・なんとも上品な味で、コーヒーとは思えないようなものでした。

■世界三大珍コーヒー 「タヌキ」の糞 タヌキコーヒー

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE