俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

気付いてた? 漢字の音読みに隠されていた『インツクチキの法則』

   


漢字の音読み、「2音目」の秘密

日本語には様々な漢字の熟語がありますが、それらの“音読み”にはとある共通のルールがあります。

適当な漢字を音読みにしてみてください。日本語には「二音で構成される漢字の、二音目にくる音は決まっている」といった法則があります。

漢字を音読みしたとき、2音目は必ず決まった特定の音になる…。
ご存知でしたか!?お気に入り詳細を見る 修正|削除

日本語漢字の音読みは1音か2音の2種類しかない。3音以上はない。
2音の漢字の2音目は7種類しかない。

中国語起源である漢字の音読みは2音まで。3音以上のものはありません。
そして、2音ある漢字の2音目は必ず特定の音になります。

漢字を音読したとき、2音目は「イ、ン、ツ、チ、キ、ク、長音」が圧倒的に多い

これが『インツクチキの法則』

「インツクチキ」に当てはまらない熟語はすべて長音(伸ばす音)になっています。

「交通」「衛生」などはコーツー、エーセー、などと読めますから、これらは2音目は長音ですね。

知られざる『インツクチキの法則』

漢字の音読み、2音目は必ず
「イ」
「ン」
「ツ」
「ク」
「チ」
「キ」
もしくは長音!

この7種類のどれかになります。

例をあげるまでもありません。好きな二文字熟語を頭に浮かべて、音読してみてください。

早大(ソーダイ)、速記(ソツキ)、社会(シャカイ)etc…。漢字の二音目は、「イ・ン・ツ・チ・キ・ク・ー(長音)」だけで、書けたでしょう。

「社会」の最初の文字の2音目は「ヤ」じゃないか!と思われるかもしれませんが、文字で書くのと発音は違います。
「シャ」で1音なので、「社」に2音目はありません。

漢詩の勉強していたとき、「よくもまぁ、こんなに韻をふめるものだ」と思わなかったでしょうか。実は、漢字の2音目の音というのは、音が限られていたのです。

2音目が7種類しかないわけだから、韻を踏むのも簡単。

漢詩がやたらリズムよく読めるのも、この漢字の2音目の法則に秘密がありました。

○イ、○ウ、○キ、○ク、○チ、○ツ、○ン。「内金(うちきん)いくつ」「苦痛いんちき」と覚えておくと便利かも。

実はこの記事のタイトルに「インツクチキの法則」と書きましたが、決まった名称はないようです。
人によって色々な呼び方をしています。
この引用元の「ウ」は、つまり長音のことですね。

それがどうしたと思われるかもしれませんが、このことはひょっとすると、何かに役立つかもしれません。

ちょっとした日本語のトリビア…ではなく、実はこの法則を活用している分野があります。

速記の世界では「インツクチキ」をどう書くかが重要だった

速記とは、速記文字や速記符号とよばれる特殊な記号を用いて、人の発言などをリアルタイムで書き記していく方法。
国会などでも速記者が議事録を書いています。

日本に速記という概念が登場したのは江戸時代である。
西洋文明を積極的に導入した明治維新期、西洋の速記を日本語に導入する試みが数多く行われた。

古代ローマ時代以前には存在していた速記ですが、日本にその概念が登場したのは19世紀の中ごろと言われています。

速記法は日本語のもつ特性を限界まで追求して成り立っている。そうでなければ、とても人の話を瞬時に書き取ることなどできない。

衆議院では、衆議院規則第201条に「議事は、速記法によってこれを速記する」 と決められている

1890年、帝国議会が開設された当初より、日本において速記は国会の議事録に重要な役割を果たしてきました。

速記を知らないほとんどの人にとって、とてもこの文字は日本語には見えません…。

「インツクチキの法則」によって日本語は格段に“速く書ける”

あくまでも訓読みではなく音読みなのですが、漢字の音読みの2音目は数種類しかありません。

漢字熟語のうち「インツクチキ」と長音が占める割合は実に 44.6 %です。これがすべて四字熟語であれば、ほぼ 50 %になります。

漢字の読み方を統計すると、やはり「イ・ン・ツ・ク・チ・キ・長音」の占める割合が圧倒的とのこと。

つまり、「インツクチキ」と長音の書き方を工夫するだけで相当速く書けることになります。

なかね まさちか、1890年10月16日 – 1984年8月16日

中根式速記法の創案者。 日本の数多くの速記法に多大な影響を与えた。
漢字を音読みにすると2音目は必ず特定の発音となることを活用し「インツクキ法」を確立。

速記では 50音すべてを1画(一筆)で書きあらわします。これは平仮名の3分の1ぐらいの画数ですから、速記基本文字をマスターしただけでも平仮名の3倍速く書けるようになります。

速記では、それぞれの文字を「読めるように」「どれだけ早く書くか」が最重要なのです。

早稲田式では、「○イ」という音を1画でかけるように、50音に加えて、「○イ」と読む文字を一文字として扱います。「ン」は、二音目にでてきやすいだけではなく、1音目には絶対でてきませんから、前の字からピンと右上にはねるだけであらわします。「○ク」や「○ツ」は、前の字に交差させたり、小さなカギをつけることによって、ほぼ1文字分の負担でかけるようになっています。

さらに、速記法のひとつ「早稲田式」では、「インツクチキの法則」を利用し、頻出する2音を一文字で表してしまうような技法も編み出されています。

ところで、なぜ2音目は「イ・ン・ツ・ク・チ・キ・長音」なのか

なぜ漢字の音読みの2音目は「インツクチキ」なのでしょうか。

中国の漢字にはŋ音が多い。古代これが日本へ伝わった当時、なぜか「イ」や「ウ」と表記された。たとえば、経済の「経」(k─ŋ)の音は「k─イ」「k─ウ」と表記され、「ケイ」「ケウ(キョウ)」となった。

「ŋ音」というのは英語の「song」の末尾(「グ」は発音しない)のように、日本語には存在しない発音です。
中国から伝わった当時、日本人が発音できるように書き換えたのが「ŋ音」の「イ」「ウ」への変化。お気に入り詳細を見る

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE