俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

水谷豊主演の”相棒”最終回でまさかのプリキュアが事件の鍵を握る?さらに成宮寛貴も登場しもはやカオス回

   


▼3月22日に最終回を迎えた相棒season15

『相棒』(あいぼう)は、テレビ朝日・東映の制作で断続的に放送されているテレビドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。

派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。
テレビシリーズの単位は「season」(シーズン)と呼称している。

警視庁特命係の杉下右京が、警視庁所属となった元法務省のキャリア官僚・冠城亘(かぶらぎ・わたる)とともに事件を解決するシリーズ第15弾。前シリーズに続き、反町隆史(43)が出演。

▼最終回は2時間スペシャルで放送 仲間由紀恵らも出演 平均視聴率は16・2%

俳優の水谷豊(64)が主演を務める国民的刑事ドラマ、テレビ朝日「相棒season15」(水曜後9・00)が22日に午後8時からの2時間スペシャルで最終回を迎え、平均視聴率は16・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

▼相棒season15の最終回でまさかのプリキュアが事件の鍵を握る

3月22日に放送された、テレビ朝日系の人気TVドラマシリーズ『相棒season15』の最終回で、水谷豊演じる推理が得意な刑事・杉崎右京がアニメ『プリキュア』に詳し過ぎると話題になっている。

家族写真に写り込んでいた2010年のカレンダーから、さすがの推理力で矛盾点を発見した右京。

カレンダーに貼られたアニメイラストのシールを見て「このプリキュア、2010年にはまだ登場していません」と言い放ったのだ。

▼ネット民はこんなやり取りを想定した

杉下(プリプリでキュアキュア…)
花の里「事件の事考えてますね?」
杉下「あ、分かりますか」

▼さらに回想シーンだけとはいえ、まさかの成宮寛貴が登場

22日に放送されたテレビ朝日系人気ドラマ「相棒 season15」の最終回で、昨年12月に突然芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴さんの出演シーンが放送され、ファンから驚きと喜びの声があがった。

 成宮さんは「相棒」シリーズのseason11から3代目相棒、“カイト”こと甲斐享役で出演し、15年のseason13をもって卒業している。

 今回放送された最終回で、成宮さんが登場したのは回想シーン。

反町隆史演じる4代目相棒の冠城亘がカイトの過去を振り返るシーンだった。

さらにエンディングで出演者として名前も表示された。

 成宮さんは引退直前にコカイン吸引疑惑を報じられていたことから、ファンの間では「相棒」のお蔵入りも心配されていただけに、回想シーンでの登場にネット上では驚きと喜びの声が噴出。

「ありがとう… 成宮くん出た… 涙出た…」「やっぱり成宮くんは周りの人達に信頼されてるし愛されてるんだ」「相棒でまたカイトくん(成宮寛貴)が画面に映る日が来ようとは」といった声があがった。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE