俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

中学生が白い粉!?沖縄「メリケン粉投げ」とは

   


◆未成年の飲酒運転が問題化している沖縄

沖縄県恩納村で小中学生の男女が3人乗りした125ccのバイクが転倒し、男子中学生(15)が死亡した事故が発生。運転していたのが小学6年の男子児童(12)だった。児童は酒気を帯びた状態で運転。

沖縄県警那覇署は5日、酒気を帯びた状態でバイクを運転したとして、沖縄本島南部の公立中学校3年生の少女(15)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。

2016年中に沖縄県内で発生した飲酒絡みの交通死亡事故13件のうち、未成年による事故が半数近くの6件に上ることが分かった。県警によると、過去10年で最も多いという。

◆成人式の派手さも全国的に有名

沖縄県警は、暴走行為をしたとして道交法違反の疑いで、20歳の男5人を現行犯逮捕。いずれも羽織はかま姿で成人式に向かっていた。同県では新成人による道路での暴走行為が例年問題になっている。

ツイッターや動画サイトには、リーゼントにおそろいの羽織袴で街を練り歩く姿や、改造車で道路を我が物顔で走る画像や動画が多数投稿された。

1992年、那覇市が4カ所に分けていた式の一括開催を始めた。この頃から、成人が鏡開き用の酒樽を会場周辺に持ち込んだり、一気飲みを始めたりなど、出身中毎にパフォーマンスを競うようになった。

◆そんな中、中学生に「小麦粉(白い粉)」販売自粛の動き

那覇市内のスーパーでは店舗の入り口や小麦粉売り場に「中学校の卒業式まで未成年者への小麦粉販売を自粛します」との貼り紙が貼られた。

「中学生に小麦粉を販売しない」とは一体、どういうことなのだろうか?モバイルプリンスさんは「県外の人が見たら『沖縄の小麦粉ってドラッグなの?』ってなるのかな」とコメント。

モバイルプリンス=沖縄のライター&ラジオパーソナリティー

・「メリケン粉」とは

明治時代に誕生したことばで、アメリカから輸入された小麦粉の呼び名として、アメリカン粉がなまってメリケン粉となったもの。

◆実は沖縄には「メリケン粉投げ」という風習がある

沖縄県の卒業式の悪しき伝統「メリケン粉投げ」 那覇市内では未成年者に販売自粛も pet-self.com/domestic/3479 pic.twitter.com/PBJtaKNNQ1

メリケン粉投げは、卒業生が後輩などから強制的に集めた資金で大量の小麦粉を購入し、卒業式でばらまいて祝う行為。

いわゆる『ヤンキーグループ』が公園などでやっていました。成人式もそうなんですが、やらないと先輩や後輩から『あの代はダメだ』と舐められる節があるので、やらざるえなかったりするんですよね。

モバイルプリンスのコメント

◆昔は卵も投げていた模様

@yohila32 昔は卒業式終わったら制服にメリケン粉や卵を投げまくって「学校脱出おめでとう!!!」みたいな感じで楽しんだりもしたと聞きましたが、最近は片付けも大変だし危険だからするなって先生に言われてしないとこが多いですね、私の学校でもしませんでした~

卒業シーズンだ!遠い昔 高校の卒業式、生卵orメリケン粉の洗礼卒業式だったな‼︎ 懐かしい今はどうなんだろう⁈ 因み沖縄。

今日は県立高校の卒業式か。昔はメリケン粉やらロケット花火やらいろいろあったが、今もやってるのかね?

◆とはいえ、現在は禁止の方向

この時期、沖縄の中高生はメリケン粉(小麦粉)を売ってもらえない。卒業式後にメリケン粉をかけ合う風習があり、させじと学校側が取り締まる。もっとも、最近はあまり見ない光景らしいが。なんとなく微笑ましいwと言ったら怒られるか。 pic.twitter.com/4XLUHkyl1c

卒業式を前に、男子生徒が後輩に集めさせた小麦粉は金額にして約1万円分。そのことを知った学校側は、事情を本人に確認し、小麦粉代を後輩に返すよう指導した。

小麦粉の販売が自粛されている理由は、中学生が卒業後に小麦粉をぶつけ合う悪しき伝統があるからです。小麦粉を大量に購入するために後輩からカンパ名目のカツアゲも増えます。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE