俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

中国のシリコンバレー・深圳市の”未来都市感”が凄い…

   


■著しい経済発展を遂げている中国

グローバル企業の多くは中国に巨大な生産拠点を持ち、今や「世界の工場」と言われている。

■そんな中国でも一際注目されている都市がある

1400万都市となった今も人口は増え続けており、20〜30代が人口の65%を占め、65歳以上の高齢者は全人口の2%しかいない。

広州、香港、深圳市、東莞市、マカオを含む「珠江デルタ」と呼ばれる地域の人口は約4000万人を超える

■深圳の発展の歴史

1978年に始まった「改革開放政策」において、深圳市は1980年に最初の経済特区に指定。

莫大な外国投資を誘致し工場を建設した結果、多くの出稼ぎ労働者が深圳市に集まり製造業が急速に発展。

世界中からスマートフォンやPC関連商品などが集まり、同市中心部には1万店舗以上の電気店・パーツ問屋が集中する電気街が存在。

シティ・オブ・ロンドンが発表した「世界の金融センターランキング2010」では世界9位にランクイン

2014年時点の一人当たりGDPは149,500元(約295万円)と、北京や上海を抜いて全国第1位

■その深圳市の”未来都市感”が凄いと話題

未来映像研究〜深圳トリップ。香港島から、電車で約1時間。25年ぶりに訪れた深圳の変わりように驚く。約3000人の小さな漁村が、1200万の巨大都市へ。特に電気街は、秋葉原の数十倍以上はあり、LEDだけを扱う専門ビルも存在。海賊版、… twitter.com/i/web/status/7…

深圳、かの有名な秋葉原を軽く凌駕する電脳街、華強北路。トラブルがあって部品街まで入れなかったのが残念。思ったより商業化してた。 pic.twitter.com/oJWdCIzjaj

深圳って検索すると完全に未来都市だよね。ドバイみたいww
空港もSFの世界みたいでかっくいー。
smarttraveljournal.info/2014/03/shenzh… pic.twitter.com/rHaIxD7AhB

■さらにはこんなプロジェクトも進行中だとか

12車線の高速道路を4車線の2つの道路として筒状の空中トンネルの中に格納し、その上に緑の歩道を建設し、都市と自然が一体化された暮らしを作る。

深圳のドローン輸出は中国全体の99.9%にまで拡大。輸送・物流分野において注目されているドローン。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE