俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

Twitter民による『自分とは相容れない人物の話』が面白い

   


◆エピソード『とある物件の住人と大家』

めちゃ好条件かつ敷礼金無料の物件見つけたから不動産屋行って、なんでこんないい物件余ってんの?内見したい!って行ったら電車で二時間かかる大家の元へ月2回面談必須って言われて、住人も大家も暇か!むしろよく他の部屋埋まってんな!住人ドMか!と白目むいて帰宅した。

面談月2回も何聞かれるんだ?最近どぅ?とか人生相談とか乗ってくれんのか?

◆エピソード『オシャレな人』

2~3年前、仕事でカメラマンの人とかと飲んでたら、一人の女の人が具合悪くなっちゃって、私がトイレで背中をさすってあげたら「悪いけど、服に毛玉できるから触らないでくれる?」って言われて、オシャレな人に対する憎悪が深まった

隣にいるメガネシャレオツイケメン兄さんが、スナック菓子感覚でクロワッサンをサックサクサックサク食べてることにもうツッコミどころ満載だし、トータルコーディネート完璧な黒のアウターにクロワッサンの皮沢山落としてるし、電話で「じゃがりこ食ってる」って嘘ついてるしお前は何だ!?何なんだ!

◆エピソード『登山好きの人』

登山好きの人に「おじさんになるとどうして登山を好きになるんでしょうか?山にはどんな魅力があるんですか?」と気軽に聞いてみたら、「山に何かがあるんじゃなくて、家に何もないんだ。家に居場所がないんだよ」と予想外に重い答えが返ってきた。

◆エピソード『店員』

ミニスカサンタ姿で寒い中コンビニ前でケーキの販促をしてる店員さんがいた。。

昨夜、ミニスカサンタ姿で寒い中コンビニ前でケーキの販促をしてる店員が可哀そうになり1つケーキを買い「大変ですね」と言ったら「お姉さんも頑張って」と返され「?」となったが私の持ってたコンビニチキンと缶ビール(1つずつ)が理由だと分かり「人に『可哀そう』とか思うもんじゃない」と思った

◆エピソード『後輩』

「この間の合コン最悪だったんです!」って後輩が言うので、「どうしたの?お金ぼったくられた?」って聞いたら、「違います!私達の年齢聞いて『なんだよババァかよー!』とか言ってきたんですよ!酷くないですか!?」っていうから、どうしてそれを年上である私に言っちゃったの?なんで?頭打った?

そういえば昔、ラーメン二郎好きの後輩が「よく二郎は豚の餌って言われますけど、豚の餌は豚の健康を考えて作られてますが、二郎は人間の健康のことは考えてないんですよ。」ってめっちゃ自信満々に言ってて、なんだコイツって思ったことがあった。

◆エピソード『新卒くん』

新卒から「先輩3分相談いいですか!」に対して「お前の3分は全然3分じゃないじゃん!」と返したところ「今回あなたが目にする3分間は今までよりもっと効率的で、軽く、そして速く、今までの3分で最も3分間です!!」とAppleの発表会みたいなことを言い出したので話を聞いたら30分かかった

「30分だったじゃん」といったところ、「イノベーションには失敗はつきものです。」と言っていたので、そこは評価したい。

強者…

◆エピソード『上司』

上司に「キャバクラの良さがわからない」と言ったら「まだまだ子供だな。あそこは別人になりきって楽しむ場所だから。俺こないだ久しぶりに山から降りてきた陶芸家のフリしたぞ」 と言われたので「それキャバクラが楽しいんじゃなく上司さんが楽しいんですよ」と言いました。

◆エピソード『Facebookの人たち』

Twitterの人たちは「読み飛ばされること」に慣れているけれど、Facebookの人たちはそうではないから、「見てくれたと思うけど…」「このまえのブログに書いた件がさ…」みたいなかたちで話が進んでいき、途中から大パニックになる。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE