俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

最高視聴率や打ち切り騒動!?知ってると倍楽しめる紅白歌合戦のアレコレ

   


大晦日といえば紅白歌合戦!

最初はラジオ放送だけだった

第1回の放送は今から65年前の1951年(昭和26年)1月3日。まだテレビ放送が始まる以前の、ラジオによる中継であった

当時の日本では、紅白歌合戦のような歌番組などが無かったため、そのため紅白は国民の楽しみとして大人気番組に

テレビ放送が開始されたのは1953年(第三回大会)から

その後、テレビがカラーになったことで、出場歌手の衣装やスタジオセットが色鮮やかになり、特に紅組は衣装を重視するようになったそうです

紅白歌合戦の名前の由来

「紅白」の名称は創案したディレクターが剣道の紅白試合からヒントを得たものといわれている

剣道の試合では、赤のタスキと白のタスキをつけて対戦するそうで、そこから着想を得て男女が紅白に分かれて対決する「紅白歌合戦」になったよう

当初は「紅白音楽合戦」という番組名だったのですがGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)から「敗戦国がバトル(合戦)とは何事だ」と指摘され、バトル(合戦)からマッチ(試合)に変更

「NHK紅白歌合戦」の名称は創案したディレクターが剣道の紅白試合からヒントを得たものといわれ、番組の裏方のスタッフたちは紅白を「アカシロ」と呼ぶ。2組に分かれて対戦や試合することを「紅白戦」と呼ぶのは12世紀の源平合戦に由来するといわれる。

昔はソロ歌手だけでグループはダメだった

AKB48やジャニーズ系などグループの出場が多数だが、はじめのころは出場はソロ歌手のみで、グループは認められていなかった

グループの出場は、1958年、『ともしび』が大ヒットとなったため、ダーク・ダックスが第9回に出場して解禁になった

過去に打ち切りの危機があった!?

「昭和から平成の世に変わった1989年。NHKの新しい会長になった島桂次氏は、9月13日の定例会見で『紅白歌合戦は今年で最後にしたいんだよ』といい放ちました」

全国から抗議が殺到。紅白はかろうじて生き残り、この年から2部構成でスタートすることになった

台本がめちゃくちゃ分厚い

出演歌手名や曲名、応援として出演する人の名前や肩書、伴奏者名などがすべて記された、厚さ3.5センチ、前後編2冊にわたる台本

頷きや笑う仕草なども書かれている場合がありますから、音楽番組でありながら、ある意味では生放送ドラマのようなものですね

紅白歌合戦の台本。タウンページみたいに分厚い。朝ドラの撮影でも大変なのに、これも覚えるんか、極限状態やな pic.twitter.com/uTogOL3PcO

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE