俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

なにこれ便利!技術が詰め込まれた”自転車グッズ”がハンパない!

   


自転車関連の最新グッズ・最新アイテムが、自転車に興味がない人ですら興味を持たしてしまう程、魅力的な商品で溢れています。今回は便利グッズを始め、誰もが振り返るようなアイテムを紹介します。

これなら鍵を無くす事もない!?キックスタンドとダイヤルロックが一体化された”Quick Stand and Lock”

自転車スタンドと鍵が一体化されており、自転車を停車させると、自動的にロックがかかるというシステムになっております。これなら絶対に、鍵のかけ忘れなどが起きる心配はありません。

確実に目立つ”Monkey Light Pro”今後は広告などでも使用される可能性有り!?

256色の8ビットカラー表示に対応したLEDライトは、直径70ピクセルのサークル型ディスプレイをホイールの両側に作り出します。USB充電可能なバッテリーを内蔵し、連続で8時間動作。防水仕様で雨の日も利用可能です。Bluetoothでスマートフォンと連携し、点灯パターンをその日その時の気分で簡単に変えられます。

街行く人々の視線を独り占め!走行動画をご覧あれ!

自転車専用のヘルメット&エアバック”Hovding”

スウェーデンのデザイナーが6年の歳月をかけて開発。パッと見だとネックウォーマーにも見えるが、命を守るエアバッグだ。異常な衝撃をすぐさま感知し、搭載された小型ボンベからヘリウムガスがエアバッグに送り込まれる。そしてヘルメット状に膨らんで、頭をスッポリとカバーリング。この間わずか0.1秒!それにしてもスタイリッシュ。特に冬場なら、ファッションアイテムのひとつとして身につけていても、なんら違和感はないし、むしろオシャレ。

実際の衝突実験動画で”Hovding”の性能をご覧あれ!

暗闇でも地形が把握できる自転車用LEDライト”Lumigrids”

通常のライトは、ただ単純に地面を照らすだけのため、地形の凹凸や障害物を把握するのが難しいといえます。ところが2012年レッドドットデザイン賞で最優秀賞を獲得したこの自転車用LEDライト「Lumigrids」は、格子状の光を照射することで地面がどのような立体構造になっているのかが一目瞭然となります。

シートポストが空気入れに早変わり!?”PostPump”

これさえあれば、二度とポンプを家に忘れたりはしないでしょう。なぜならシートポストの内部にポンプが内蔵されているから。見た目は普通のシートポストですが、内部にポンプが内蔵されておりいざという時にとても役立ちます。

夜間走行時の後方安全確保と車幅を確保するための自転車用LEDテールライト”light lane”

一見、フツーのテールライトなんですが、、、実は斜め下から左右にレーザービームが照射されるんですね。すると、、、路上に丁度自分の身体と自転車を守れるスペースを作り出してくれます。実際の路上ではこんな感じになるんですね。撮影環境は都会に良くある状況のようですから、結構被視認性は高いと思います。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE