俺がシャレにならない

おバカすぎるぞ俺。

うつの場合も…?学者が危険視してる「SNS投稿」

   


こんなSNS行動してる人がいたら、注意。

ネガティブな感情が含まれているつぶやきは心疾患のリスク上昇に関係する

米国ペンシルバニア大学の研究チームによって発表された

喫煙なんかよりもリスクが高いとのことで、ちょっと怖い。。

にわかには信じがたい、驚きの調査結果→「アメリカの郡レベルでツイッター上のネガティブな言葉の分布を見ると、喫煙や肥満より心臓死との相関が高い。」ペンシルバニア大。
upenn.edu/pennnews/news/… pic.twitter.com/tJxT5wRB8f

旅は『現状から逃げたい』意思の表れで、健康時なら頭に浮かばない『死』について考えるのは、それほど追いつめられている可能性

心理学者の碓井真史さんがコメント。

以前は好きだったものや趣味に無関心になることは、どれもうつの症状といえます

物事への興味や関心も失せてきます。それまで仕事に熱心に取り組んでいた人が、別人のように働く意欲を失ってしまいます

「写真投稿」する人も多いけど。

食べ物こそが頭の中で最優先事項になってしまい、それ以外のことがどうでもよくなってしまうことがある

1日3食、毎回食事について投稿――という状態が続くと、食についての「歪んだ」イメージを植えつけることにつながりかねない

たまにアップする程度なら問題なしだけど、やりすぎはキケン。

食事を摂りすぎて太ってしまったり、逆に摂食障害になってしまう危険性もあるんだとか。

食べ物の写真の刺激によって食欲が掻き立てられ、必要以上にカロリーを摂りすぎてしまう

投稿することに精神がフォーカスされてしまうために実際に自分が食べ物を口にするということに興味が湧かなくなる

どっちも怖い。。

子どもたちは満腹でも食べ物のCMを見るとおやつをパクパク食べ、摂取カロリーは41%も多くなる

米国のノリスコットンがんセンターなどの研究チームによる実験で明らかに。

ちなみに「プロフィール」からわかることも…

「マンガで分かる心療内科」で有名な精神科医のゆうきゆうさんのツイートが以前話題に。

シンプルであるほど、うつリスクは低く、逆に、いろいろ詳しく書き込むほうが、うつリスクは高くなる

「まじめ」「誠実」「冷たい」などと書かれたカードを使って、被験者に自分を表してもらうことに。
すると…

自分を表すためにカードをたくさん選んだ人ほどうつになりやすいことが多かった

それだけ自分のことをわかってほしいという思いが強いということらしく…

多くの言葉を使って「自分を表現しよう」とする人ほど「わかってほしい」という欲求をたくさん抱えてるのでストレスをためやすい、そのため『うつ』傾向にある

プロフィールが詳しかったりSNSで長文を書く人は、自分を分かってもらいたい願望が強くて、うつになりやすいそうです。普段から溜め込まないで、こまめに吐き出すことが大事。どこに吐き出すかっていうと、やっぱりこういうとこになっちゃうんだよなぁ。スンマセン。

そういう人がいた場合、話をしっかり聞いてあげることがストレスの緩和につながるんだそうです。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE